ニキビケアのアドバイス

ニキビケアのアドバイス

私は根っからのニキビ肌で若い頃から出来やすかったのでニキビケアについては人一倍力を入れて取り組んでいます。

 

高価な化粧品や病院にも通ってみましたが、効果があるのは短期間で、色々とためし、学んだ事は、ニキビは外からではなく内側からも出来にくいようにしなくてはいけないと言う事です。

 

 

 

ニキビが出来ない体質になる為に、食生活を見直し、間食は栄養のある果物やお茶、食物繊維やビタミンをしっかりと食べる事を重視し、後は、洗顔をするときなどはしっかりと基本を守ってニキビケアをするようにしたところ、ニキビが出来難くなりました。

 

ニキビが出来る原因は人によって違うので、ニキビケアの方法も違いますが、基本的な洗顔と保湿はしっかりとしておいてください。

 

 

 

後は、いきなりニキビが出来たと言う人は、自分の生活を見直し、就寝時間や、炭水化物中心の生活になっていないか考え、栄養バランスの整った食事や生活スタイルにすると、自然と治ると思います。

 

ニキビケアは毎日継続して行うことで意味がある物で、ニキビができたときのみ頑張ってケアをしても効果は薄く、治りも遅いので、日ごろから出来るニキビケアを見つけ、日々実践していく事をオススメします。

できないように、できたら触らないようにがニキビケアの基本

 

ニキビを作らないようにいするためには様々な点で注意が必要です。

 

睡眠を十分にとること、甘いものや脂っこいもの、それにカロリーの高すぎるものを頻繁にとらないこと、またストレスをためないことや定期的に運動することなどが関係してきます。

 

しかしどんなに気をつけていてもニキビができてしまうことがあります。ニキビは体質も関係してくるために、注意しているもののニキビができやすいという人もおられることでしょう。

 

 

 

そのような人はニキビケアをきちんと行うべきです。まず、できてしまったニキビを不必要に触って刺激しないようにすべきです。

 

もちろん気になるのは理解できますが、刺激することで症状が悪化してしまうことがあります。

 

ニキビケア用の薬などを塗り、後は治るのを待つようにします。しかし中には破裂しそうなニキビができてしまうことがあります。

 

このようなものは薬を塗っても治ることはありません。

 

それで中の膿を出して消毒し、そこが化膿しないようにします。

 

このようにニキビケアはニキビを作らないようにするために行うものと、ニキビができてしまった後に行うものとがあり、これらを正しく行うことで肌をニキビという天敵から守ることができます。

ニキビは内側からもケアしよう

 

ニキビができてしまった際にはニキビケアをするという方がほとんどかと思いますが、薬を塗ったりなど外側からのケアしかしないという方がとても多いようですね。しかし実際にはニキビケアは内側からもきちんと行う必要があると言えるでしょう。

 

というのも内側からのケアもする事でニキビの治りが早くなるのはもちろん、その後もニキビのできにくい体作りができるのです。

 

つまり、ケアと同時に予防もできるという事になります。

 

 

 

特にニキビが治ってもまたすぐに新しいニキビができてしまうという方は、きちんと内側からもケアをして、根本的にニキビを直す必要があると言えます。

 

具体的な方法としては、食生活を整える、睡眠をよくとる、ストレスをためないなどが挙げられます。

 

こういった生活習慣を整えるだけでも効果はかなり出ますので、とてもおすすめですよ。

 

全てを改善するのは無理だという方でも、できるところから少しづつ改善していくと良いでしょう。

 

 

 

ニキビができてしまった際には、是非この内側からのケアをして根本的にニキビを解決するようにしましょう。

 

ニキビができてしまった時には是非これらの事を参考にしてみてください。

 

そうすればきっと満足のいく結果になる事でしょう。

しっかり洗顔で簡単ニキビケア

 

ニキビケアは色々な事をしないと出来ないと思ってはいませんか?実は洗顔だけでもきちんとニキビケアをする事が出来るのです。

 

ここで簡単にできる洗顔ニキビケアをご紹介していきますね。

 

日頃きちんとケアしていても出来てしまうのがニキビ。

 

ニキビが出来たら普段よりもしっかりと洗顔フォームを泡立てて使用しましょう。

 

 

 

まず力を入れないようにして泡で優しく洗顔をしていきます。

 

イメージとしては毛穴の奥まで浸透するくらいの泡で、包み込むように洗顔をします。

 

しっかりと泡で洗顔をしたら、今度はぬるま湯で泡を落とします。

 

この時に、洗顔フォームの残りがないように洗い流してください。

 

洗い流す際も手でごしごしと流さないように気を付けて下さいね。

 

 

 

しっかりと泡を洗い流したら、次は冷水で洗い流します。

 

冬場などは水が冷たいのでちょっと抵抗がある方もいらっしゃると思うのですが、ニキビケアの為ですので出来るだけ冷水で毛穴を閉めていきます。

 

初めのぬるま湯洗顔で毛穴を開かせ、最後に冷水で毛穴を閉めると雑菌も入り辛くなりますしニキビの炎症も冷ます事が可能です。

 

冷水で洗い流したら、必ず綺麗なタオルで顔を拭き化粧水などを付ける際はニキビの部分を避けて化粧水を付けるようにして下さい。

 

これにより、ニキビの部分に刺激を与えず治りを早める効果があります。

 

しっかりと正しい洗顔をすればニキビケアも簡単に出来ますよ。

普段のニキビケア

 

私は生まれつきの肌質がニキビが出来やすい体質で今でもニキビに悩まされています。

 

この肌質は母親と姉も同じらしく母親の方の遺伝見たいです。

 

なのでそのニキビに対抗すべく私は普段の生活で出来るだけニキビケアをしています。

 

 

 

まずは洗顔です。

 

おそらくこの洗顔が一番大事だと思います。

 

顔を洗う前に手をしっかり洗っています。

 

汚い手で顔を洗っては元も子もないです。

 

そして手をしっかり洗った後に洗顔剤をぬるま湯で泡立てています。

 

洗顔剤は人によって肌質などが違うので何がいいとかはオススメは出来ません。

 

自分に合った洗顔剤を自分で探してみるのがいいと思います。

 

 

 

私は良く泡立ち低刺激で使った後に肌があまり突っ張らない洗顔剤を使っています。

 

また、お湯の温度ですが冷たくても熱くても歯どぉ刺激していけないので丁度良いぬるま湯にしています。

 

洗顔剤を泡立てたら肌に優しくなでるようにして洗っています。

 

この時絶対こすってはダメと聞いたのでなでるようにしているのです。

 

そしてしっかりと顔についている洗顔剤をぬるま湯で洗い落して洗顔は終了です。

 

そしてその後すぐにたっぷりの化粧水で肌になじませるようにして塗っています。

 

 

 

この作業を朝と夜2回に分けてやっているだけですが、適当に洗顔してた頃とは全然違いニキビがあまり出来なくなりました。

 

自分の肌質は変えられないのでこれからも丁寧に洗顔していこうと思います。